RSS | ATOM | SEARCH
森なクリスマス


大人のみなさん。
好きでも嫌いでも、もうすぐクリスマスです。
街もにぎやかに、華やかになる季節ツリー
クリスマス一色になると、店のセンスや気合いも一目で分かってしまうというもの。
そんな中、ひときわ目を惹き付けるディスプレイが!
伊勢丹の『HOW TO MAKE WONDER CHRISTMAS』
http://isetanchristmas.jp/#ja

「ワンダーエデンの住人たちがクリスマスパーティーの準備をする」
という物語仕立てのウィンドウディスプレイです。
登場キャラクターはオオカミやウサギなどなど
絵本のようなファンタジックな作り。
森ガールも巻き込みそうないきおいの設定です。



でも決してファンシーではなく、毒のあるテイストなところが良いですね。
ちょっと気持ち悪いキャラも、なかにはチラホラ。
サルとフクロウは、けっこうグロいです。
イラストを手がけたのはフィンランド出身のクラウス・ハーパニエミというアーティスト。
イッタラのTaikaシリーズやマリメッコなどでも活躍されてる方です。


カメのウェイターがシャンパンタワーを運んでって・・・・可愛い!
ミミズが木の根っこをツリーに見立てるという発想にもクラクラです。

伊勢丹店内のウィンドウディスプレイは全部で12あり、
私はまだ一部しか見れてないですが、キラキラと幻想的ですごく見応えがありました!
ウィンドウだけではなく、店内の床や柱、ガラス仕切りなど細かな場所もディスプレイされていて
完成度の高さが、単なるディスプレイを超えてアート作品を見てる気分に♪
公式サイトではディスプレイ画像は見れませんが、
動画やストーリー、スクリーンセーバーなども楽しむことができるようになっています。
リスとフクロウの音楽会は必見。

しかも、この物語には続きが。
準備が済んだら、次はいよいよパーティー本番!という事で
12月16日にはまた新しい動画が見れるようになっているようです。
すごい凝りよう。
クリスマス過ぎたら撤去されてしまうなんて、もったいない!!!!!
まるまる1年このシリーズで続けてほしいくらいです。

お買い物の高揚感に、なんでも揃う百貨店のマジカルさと
クリスマスの特別感。
ほんの少し非現実的な世界へ連れて行ってくれる伊勢丹に、拍手
唖然きのこブルー
author:dokurokinoko, category:雑記, 17:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.wonderwonder.net/trackback/1120263