RSS | ATOM | SEARCH
重箱のスミ 第3回 「Gerling的センス」
「甘辛ミックス」。
何度聞いても、だっせーな〜この言葉。
語感としても字面としてもムズムズっとくるものがある。
言葉においてもセンスは大事ですよ。
洋楽の訳詩も然り。

●Gerling『When Young Terrorists Chase The Sun 』より「G-House Project」

01年作。オーストラリア3人組。同年のフジロックに出演。
アルバムの和訳タイトルがやたら長い。
『若きテロリスト達が太陽を追いかける時(劇画指向)』
かっこいい、ような良くないような。
タイトルからは目立ちたがり屋の臭いがしますが
実はけっこう良いアルバムだったりする。
こういう何でも混ぜちゃえ的な雑食系の音って、90年代後半あたりからの流れな気がしますね。
しかしこの「なんでもアリ」って、実際は相当センスが必要。
だって有りだなって思わせなくちゃ失敗なんだからさ。
ガーリング自体もおふざけキャラではあったものの(年齢詐称疑惑あり)、
カイリー・ミノーグをフィーチャーした「G-House Project」は
10年近く経った今聴いても秀作
現在も(たぶん)活動中。
劇画指向で検索すると一発でヒットする度★★★★★





●Cato Salsa Experience『A Good Tip For A Good Time』より「so the circus is back in town」

02年作。ノルウェー4人組のデビューアルバム。
バンド名のカトー・サルサはボーカルの名前
まずアルバムタイトルの訳は『カトーの楽しいロック講座』
当たらずとも遠からず・・・なのか?
ニュアンスは伝わってきますが、こんなキャラのメンバーだったかしら。
数曲抜粋してみますと・・・
『Listen to me Daddy'o』(おい、オヤジ!)
左とん平が浮かんでくるのはなぜだろう? ヘイユー・ブルース的な??
『I can give you anything』(やる気マンマン)
やる気マンマンに続く言葉は日曜日〜♪(昭和のバラエティー番組)でしょう!
『Time to Freak out』(ラリホー!)
すごく興奮してる状態・・・そっか!ラリホーだ!って訳したんスかね。
2ndアルバム発売当時のキャンペーン名は「加藤さんに有利なキャンペーン」。
なんだこの寒々しさは!
ステッカーがもらえるとかありきたりなやつかな?と思ったら
「ドリンク1杯サービス」「マッサージ10分延長」などのサービスが受けられたらしい。んんん???
ドリンクはクラブとかライブハウスとか音楽がらみであるとして、
マッサージって何だ? もはや方向性があやしいです。
でも曲がかっこいいので許します度★★★★





***********************************

wonderwonder designはアンティーク着物布地のオリジナル雑貨店です。
アンティークとの出会いは一期一会。
乙女心をくすぐる雑貨をお楽しみください
author:dokurokinoko, category:音楽, 16:32
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
今更ながら、私も気になってきました(笑)
ワゴンセールとかに入ってるかも・・・
ドクロキノコ, 2010/02/08 10:18 PM
カトーの新鮮果汁 も以上に気になりますわ。。
malon, 2010/02/07 10:52 PM









Trackback
url: http://blog.wonderwonder.net/trackback/1146356