RSS | ATOM | SEARCH
重箱のスミ 第4回 「ドリーミィーFrente!」
今回はベタに女性ボーカル編です。
とか言って、あんまり女性Vo持ってなかったりする。
女性Voに関してはすごく間口狭いんですよ。
ビブラートきかせて歌う人が好きじゃないからだろな〜。
そんなぶるぶる震わすなよ!


●Belly『King』より「Seal My Fate」

95年作。オルタナ量産期のアメリカバンド。
Youtubeのこのライブ映像だとイマイチ伝わりにくいけど
女性ボーカルのタニヤ・ドネリーが可愛かったんですよ〜。声同様。
ショートヘアーのスリーパー、suedeとblurの元カノエラスティカ、硬派なクランベリーズ、赤髪のラッシュ、猫の名前がモリッシーのエコーベリー
あたりが当時活躍してた女性Vo。
残念ながら肝心のベリーについてはあんまり覚えてないんですよね〜。
ベリーでいちばん好きなのはこの曲!
イントロからしてツボ。
検索してて思ったのは、この頃のプロモがなかなか見つからないって事。
『Super Connected』のプロモもう一回観たい!!

たしか女優業もしてましたよね!? 度★★★★




●Frente!『Marvin the Album』より「Bizarre Love Triangle」

94年作。オーストラリア出身の4人組。
いまだにファンが多いので検索かけるといっぱい出てくる。
BONNIE PINKもトーレ使いで(←ぬかり無し!)カヴァー済み。
アンジー・ハートの舌ったらずのロリボイスが癖になる美声。
声も可愛ければご面相も可愛いアンジー。
なのに「脇毛剃らない派」だったのが忘れられず。(いつぞやのRockin' onに掲載)
さすがオージー!
脇の呪縛から逃れたかった私には衝撃的でした。
New Orderのカバーであるこの曲は俄然Frente!バージョンのが良い!という声もチラホラ
そしてこのアルバムはほとんど捨て曲がないくらい良い!
名盤に入っててもいいんじゃないかしらね。
現在はSPLENDIDというユニットで活動中

最近中国でツアーしたって本当!? 度★★★




***********************************

wonderwonder designはアンティーク着物布地のオリジナル雑貨店です。
アンティークとの出会いは一期一会。
乙女心をくすぐる雑貨をお楽しみください
author:dokurokinoko, category:音楽, 20:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.wonderwonder.net/trackback/1151986