RSS | ATOM | SEARCH
洋楽重箱のスミ 第27回「枯れないひなぎく Daisy Chainsaw」
 幼少の頃って大人が無邪気に「夢は何?」って聞くじゃないスか。
お嫁さん!って答えてた子って可愛い女の子だったな・・・。
そんな困った難題を叩き付けられた時に
用意してた答えが「本屋さん」だったくらい
私は本屋が好きだ。

遅ればせながら、先月やっと代官山蔦屋書店に行ってきました。
本屋好きとしてはウズウズしてたんですけど
レコードのレンタルがあるとか、見たかった映画をDVD化してくれるとか
何ソレ!? な噂を聞いていてますます興味が募っていたわけです。
いや、ほんと想像以上に楽しかった!
本が〜!雑誌が〜!ZINEが〜!印刷物万歳!

CDの品揃えにも感動。
うそー!なアルバムがたくさん置いてありました。
ハリケーン#1なんて普通ないから。
キッスのBOXものも置いてあるし。スゲー。
それは邦楽もしかり。
こんなアイドルのアルバムをよく見つけてきたな〜と、もはや感心する域。
私が20代だったら月イチで通ってるね。

映画コーナーも充実していて
単館のレイトショーでしかやってないようなのも置いてありました。
私のどうしようもない趣味で恥ずかしいんですけど
70年代の東映ピンキーバイオレンス物とか揃ってたんですよ!
憧れの杉本美樹の女番長シリーズが・・・嗚呼!
ホクホクと借りて帰ったのは言うまでもありません。
ここはもしやユートピア?
そして早く美輪さんの「黒薔薇の館」と「黒蜥蜴」をDVD化してくれ!
以前は新宿のツタヤにあったVHSが多分もうない・・・

代官山まで返しに行かなくても、ポストに入れて返却出来るシステムもいい。
というか、じゃないと誰も借りないか。
ただし通常のツタヤよりレンタル料金は高めです。
でも納得してあの料金を払えるよ。
でもってセルフレンタルなので、私のように恥ずかしい作品を借りても
誰にも知られる事はないわけです。
休憩する場所もたくさんあるし、緑も多くて景観も良かった。
なにしろ代官山はゴミゴミしてないしね。
ここ数年、代官山寂しくなったな〜と思ってたんですけど
この蔦屋のためだけに遊びに行ってもいいなと思いました。
本好き、映画好き、音楽好きなら一日遊べるんじゃないでしょーか。


●Sleater-Kinney『All Hands on the Bad One』より「You're No Rock N' Roll Fun」


2000年作。アメリカ出身の3人組。メンバーはすべて女性。
通算5枚目のアルバム。
ベースレスだからなのかガレージ色が強めだけど
どこか可愛らしいんだよな〜。
そこがいい!
この曲の盛り上げ方がすごく好きで、コーラスの入り方も気持ちがいい。
ライオットガールの枠に入るみたいなんですけど
フェミニズムを前面にした押し付けがましさはあまり感じないかな。
※ライオットガール=90年代にアメリカ(ワシントン州オリンピア)で起こった、フェミニズムとパンクミュージックを融合させたムーブメント

以前に女性Voがあんまり好きじゃないって書いたんですけど
こういう感じの女子だと大丈夫なんですよね〜。
女性だけで組まれたバンドって、いかにも嘘っぽいのも多いじゃないですか。
とは言わないけど。
そういった”作られた感
ゼロの本気度数の高い
パワフルさがかっこいいというか。
もっと言ってしまえば映画『ファスター・プッシーキャット キル!キル!』くらい
ビジュアルが振り切ってくれるとすごくタイプではある。
 
見た目はグラマラスな女性なんだけど、暴力的なまでにパワフルだと
うわ〜カッコイイ!って憧れが・・・
これなんなんだろう???
スケバンとか女囚とかさ。
強い女性に対する憧れだったら、少なからずみなさんあると思うんですけど
その強さの方向性が、ちょっとこう、違うような(ごにょごにょ)。
深く考えると戻ってこれなくなりそうなので止めておきます。

プッシーキャットの流れでいくと外せないのがBoss Hogかと。
まんまラス・メイヤーなPV『I DIG YOU』



美人は絵になるよね。羨ましいわ〜。
魔女顔がインパクト大な美女クリスティーナは
The Jon Spencer Blues Explosionのジョンの奥さんでもある。
かっこいい夫婦だなオイ。
出来過ぎだっつーの!

私の勝手な憶測ですがSleater-Kinneyが好きな人って
映画『ハイ・フィデリティ』好きそう&観てる確率が高い気がする。
いや、観てるでしょ! 絶対そーだって!

劇中に使われてるわけではないんですけど、匂いが近いというか。
ほどよいマニア臭とインディー感が鼻腔をくすぐります。

日本には99年と02年に来日していて
前座にはナンバーガール、ブラッドサースティー・ブッチャーズ、
少年ナイフやイースタンユースなどが参加。
濃いな〜!
残念ながらスリーター・キニーは06年に活動休止
最近ちょっと動きがあったみたいで、
コリンはTHE CORIN TUCKER BANDとして2010年に来日、
キャリーとジャネットはWILD FLAGを結成、アルバムも出したようです。
多分3人とも40代だとは思うんだけど、音が若い!
変に落ち着いたりしてないのがスゴイ。
そのモチベーションとパワー、見習いたいです。

かっこ可愛い理想的ガールズバンド度★★★★★★☆☆☆☆






●Daisy Chainsaw『Eleventeen』より「‪Love Your Money‬」

92年作。イギリス出身。
バンド結成は90年でその2年後に出たファーストアルバム。
このバンドの要はとにかくケイティ・ジェーン・ガーサイド!
この子のルックスとあぶなっかしいパフォーマンスがすごく好きだった。


エキセントリックを演じているというより、
トリップ感が強くて憑依されてる!? と疑ってしまう。
泥人形のようになって歌うケイティちゃん。


この「Love your money」がポップで聞きやすいので
こういうバンドなのかな?と思われた方、違います。
違いますよ〜!!
アルバムの1曲目はケイティのキュルキュルキュルという
鳴らし方が普通じゃない笑い声から始まります。
嗚咽からのスクリーミング、シャウト、ウィスパーなど
声の使い分けが凄まじい!
加えてギターの歪み方が好きで。
クリスピアンのファンも多分多いと思うんですよね。
92年に来日してるのですが、行かなかった事を後悔。
あああ〜! 
ロッキングオンで当時のライブリポート読んだんだけど
ほんと凄かったらしい。
ケイティの痛々しいスキンヘッドの写真は今でも忘れられない。



あんなパフォーマンス続けてたらいつか壊れるんじゃないだろうか?
と思っていたら、ケイティは翌年バンドを脱退。
長期療養に入ってしまうのでした。
新メンバーでセカンドを出すも、あまり評判は良くなかったみたいです。
私も聞いてないしな。
現在は再びクリスピアンと組んでQueen Adreenaで活動中。
08年のBRITISH ANTHENSにて来日してます。
画像を探してみたんですけど、クリスピアン全然変わってねぇ!



相変わらずタロット占いとか得意そう。(いつもの憶測)
ケイティも変わらず華奢なんだけど妖艶な感じになってる。わわわ。
胸が透けてるとかパンツが見えてるとか
もうどうでもいい感じなのもカッコイイ。
曲はそんなに好みでは無かったけど、ライブなら見てみたいなぁ。
なんか見入っちゃいそう。
こういうふうに絵になる人が本当にほんとーに羨ましい!

このアルバムにはちょっとしたロリータ的魅力もあるんだけども
ジリジリした欲求がそうさせているかのような
ただ、むきだしたくてたまらない!
という少女の暴力性に、今でも釘付けになってしまうのです。
万人向けの音楽では決してないけども、私にとっては名盤。
1曲目からラストまで圧巻です。

ズタボロドレスが似合いすぎ度★★★★★★★★★★



***********************************

wonderwonder designはアンティーク着物布地のオリジナル雑貨店です。
アンティークとの出会いは一期一会。
乙女心をくすぐる雑貨をお楽しみください


author:dokurokinoko, category:音楽, 01:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.wonderwonder.net/trackback/1232516